premire
premire3d premire DNAチップマイクロアレイ解析
DNAチップマイクロアレイ解析




ビジュアライゼーション(可視化)機能

 

line
ROI 5Dのデータセット(X、Y、Z、時間、チャンネル)
line
Save 複数ビューアの同時表示
line
process

複数ボリュームの投影モード(最大、最小、合計輝度の投影)

line
Save XY,YZ,XZ,直交を比較させるスライスビュー、および斜めからのスライスビュー
line
Save オブジェクトのサーフェスレンダリング機能
line
Save

容易に比較する為の複数画像の同期

line
Save 結果を簡単に共有するためのムービー作成ツールとAVIファイルへの保存
line
Save

明るさ、コントラスト調整、ガンマ補正の個々のチャンネルによるコントロール

line
Save

容易に複数のラインプロファイルと測定結果を同期できる

line

 

デコンボ後のビジュアライズに最適な5D(3D+チャネル+時間)ビユーワ搭載


AutoQuantにより画像をエキサイティングにより深く理解することができます。使い易い3Dビジュアル化ツールと処理ツールにより、複雑なデータセットが生き返ります。
時系列のデータセットを様々な角度から、時系列で観察する事により、重要な特長を見つけることができます。

SurfaceRendering

AutoQuantのマルチビューワー/5Dビューワー機能によって並べて表示させて比べたり、あるいは時間的な変化を同期させて表示させて比べる事ができます。
3Dデータを回転させながら、あるいはタイムポイントを変えながら表示させることにより、印象的な動画を生成しAVIファイルとして保存できます。作成し たAVI形式の ムービーをパワーポイントやホームページを通して他の人と共有することもできます。

AutoVisualizeScreen


注:
AutoQuant製品(旧 AutoDeblur/AutoVisualize)の参考資料は以下でご覧いただけます。
http://www.mediacy.com/index.aspx?page=AutoQuant_Bibliography

また、Google ScholarでAutoQuant(またはAutoDeblur, AutoVisualize)をキーワードに検索していただくと多数の論文がリストアップされますので併せてご覧ください。