サポート

HOMEサポート情報>

サポート情報 (Image-Pro

2005.1.28: ★★★ プロテクトキー用ドライバ最新版のダウンロード ★★★

弊社ソフトウェア製品(Image-Pro, Gel-Pro, Array-Pro等)をWindows XP Professional Service Pack 2 の環境にインストールしたとき、プロテクトキーを認識しない問題について
(最新情報
2010.02.24 改訂



問題点

Windows XP Professional Service Pack 2 の OS に弊社ソフト製品を インストールすると、OS のファイアウォール機能により、弊社製品の プロテクトキー (不正コピー防止用デバイス) が正しく認識されない可能性があります。

この問題が発生した場合、ソフトの起動時に 「Local Key: ローカルパラレルポートにプロテクトキーがありません」、「Aksusb.sysファイルがありません」、"No answer from Net HASP License Manager" 等のエラーメッセージが表示され、弊社ソフト製品を使用できません。

問題が発生しない製品・その他注記

  • Image-Pro Plus ver. 5.1 日本語版以降のバージョンは、上記の問題に該当しません。そのまま Windows XP でお使いになれます。
  • Image-Pro Plus ver. 7.0 のプロテクトキーが Windows Vista で認識されない問題が発生したときは、こちらのページをご覧下さい。
  • InVivo/InVitro と AutoDeblur/AutoVisualize は、基本的に上記の問題に該当し ませんが、これらのソフトで問題が発生した場合は、弊社までご連絡下さい (Tel. 03-5639-2751)。
  • Windows XP 以外の OS を使用されている場合、上記問題は基本的に該当しませんが、Windows 2000 で USB タイプのプロテクトキーが認識されない場合も、下記の手順でプロテクトキー用ドライバを更新して下さい。
  • Windows XP x64 (64ビット版Windows XP) を使用されている場合は、ver. 6.0 以降の製品 (Image-Pro Plus ver. 6.0、Image-Pro Express ver. 6.0、Gel-Pro Analyzer ver. 6.0 等) にバージョンアップしていただく必要があります。ver.5.1 およびそれ以下の製品は、32ビット版の Windows XP でないと動作せず、下記の対策を行なっても Windows XP x64 では使用できませんので、ご注意下さい。
  • Windows Vista でご使用になれるのは、Image-Pro Plus ver. 6.3 およびそれ以降の製品です。それ以前の製品は、下記の対策を行なっても Windows Vista では正しく動作しませんので、ご注意下さい。
  • Windows XP Service Pack 3 をお使いの場合は、下記の「インストール手順」でなく、次の手順a.~h.をお試し下さい。
  • a. プロテクトキー製造元のホームページ
    (http://www3.safenet-inc.com/support/hasp/hasp4/enduser.aspx#latestDD) から最新のドライバ ("HASP Device Driver GUI Installation (HDD32)") をダウンロードし、ファイルをダブルクリックして解凍します。解凍されたフォルダ内から "HDD32.EXE" ファイルを取り出し、ハードディスクにコピーします。

    b. プロテクトキーをパソコンから取り外し、パソコンを再起動して、管理者権限でログオンします。抗ウイルスソフトを停止します。

    c. "HDD32.EXE" ファイルをダブルクリックしてインストールプログラムを起動します。

    d. "Select Language" 画面で "U. S. English" を選択し、"OK" をクリックします。

    e. "Welcome" 画面で "Next >" をクリックします。

    f. "End User License Agreement" 画面でエンドユーザ使用許諾書 (英文) をお読みいただき、内容に同意される場合は "I accept the license agreement" を選択してから "Install>" をクリックします。これでインストールが開始されます。

    g. "Driver installed successfully." と表示されたら "Finish" をクリックしてインストールプログラムを終了します。

    h. パソコンを再起動した後、パソコンにプロテクトキーを取り付けます (USB プロテクトキーの場合は内蔵のランプが点灯します)。これでインストールは完了です。ソフトを起動して下さい。

対策

以下の手順で、プロテクトキー用ドライバを更新していただくことにより、 上記の問題を解決できます。

プロテクトキー用ドライバ更新ソフトのダウンロード

プロテクトキー用ドライバの更新ソフトは、次のリンクをクリックしてダウンロードして下さい。

"Protect_Key_Driver_Update_20050128.zip" をダウンロード(ZIP圧縮形式、約3.8MB)

このファイルをハードディスクに保存して下さい。インストールは、必ず次の「インストール手順」に従って行なって下さい。

インストール手順

プロテクトキー用ドライバを更新するには、以下の手順に従って下さい。

注記:以下の手順を実行する前に、必ず以下の点にご注意下さい。

  • プロテクトキーをパソコンから取り外して下さい。
  • パソコンを一旦再起動して下さい (プロテクトキーは取り外したままにしておきます)。
  • パソコンの再起動後、必ず管理者権限でログオンして下さい(管理者権限でないと、インストールに失敗する可能性があります)。
  • 抗ウイルスソフトを使用されている場合は、必ず停止して下さい (抗ウイルスソフトは、プロテクトキー用ドライバのインストールを妨害することがあります)。停止する方法については、抗ウイルスソフトのマニュアルをご覧下さい。
  • 以下の操作は、弊社ソフト製品が起動していない状態で行なって下さい。

1. お使いの弊社ソフト製品の名前と、ソフトがインストールされている場所 (=アプリケーションフォルダ) を確認して下さい。 確認するには、エクスプローラでハードディスク内を調べるか、あるいはデスクトップやプログラムグループにあるソフトのショートカットファイルを右クリックして「プロパティ」を選択すると、「リンク先」欄に表示されます。

  通常の場合、弊社ソフト製品は、次の表のアプリケーションフォルダに インストールされています。
   
ソフト名 アプリケーションフォルダ
Array-Pro Analyzer ver.4.0 C:\ArrayPro4
Array-Pro Analyzer ver.4.5 C:\ArrayPro45
Gel-Pro Analyzer ver.3.0 C:\Gelpro3
Gel-Pro Analyzer ver.3.1 C:\Gelpro31
Gel-Pro Analyzer ver.4.0 C: \Gelpro4 
Gel-Pro Analyzer ver.4.5 C: \Gelpro45 
Image-Pro Discovery ver.4.5 日本語版 C: \IPDisc4J 
Image-Pro Discovery ver.4.5 英語版 C:\IPDisc4
Image-Pro Express ver.4.0 日本語版 C:\IPEXP4
Image-Pro Express ver.4.0 英語版 C:\IPEXP4
Image-Pro Express ver.4.5 日本語版 C:\IPEXP4J
Image-Pro Express ver.4.5 英語版 C:\IPEXP4
Image-Pro Plus ver.3.0 日本語版 C:\IPWIN3
Image-Pro Plus ver.3.0 英語版 C:\IPWIN3
Image-Pro Plus ver.4.0 日本語版 C:\IPWIN4J
Image-Pro Plus ver.4.0 英語版 C:\IPWIN4
Image-Pro Plus ver.4.1 英語版 C:\IPWIN4
Image-Pro Plus ver.4.5 日本語版 C:\IPWIN45J
Image-Pro Plus ver.4.5 英語版 C:\IPWIN4
Image-Pro Plus ver.5.0 日本語版 C:\IPWIN5J
Image-Pro Plus ver.5.0 英語版 C:\IPWIN5
Image-Pro Plus ver.5.1 英語版 C:\IPWIN51
  • お使いのソフトのアプリケーションフォルダが上の表の通りになっているときは、このまま2.の手順へお進み下さい。
  • 使いのソフトのアプリケーションフォルダが上の表の通りでない場合は、ソフトのインストール時に、インストール先の アプリケーションフォルダを任意設定された可能性があります(例えば"C:\Program Files"の中や、Dドライブにインストールされた場合)。この場合は、下記の「任意設定のアプリケーションフォルダにインストールする方法」をご覧下さい。
2.

圧縮ファイル "Protect_Key_Driver_Update_20050128.ZIP"をダブルクリックして、解凍して下さい。

注記:Windows XPでは、ZIPファイルをダブルクリックするだけで解凍できます。

   
3. 

解凍されると、以下のファイル(.BAT)が抽出されます。

これらのBATファイルの中から、お使いのソフトの名称およびバ ージョンに合ったものを選び、ダブルクリックして下さい。

_Array-Pro v40用(ArrayPro4).bat
_Array-Pro v45用(ArrayPro45).bat
_Gel-Pro v30用(Gelpro3).bat
_Gel-Pro v31用(Gelpro31).bat
_Gel-Pro v40用(Gelpro4).bat
_Gel-Pro v45用(Gelpro45).bat
_Image-Pro Discovery v45英語版用(IPDisc4).bat
_Image-Pro Discovery v45日本語版用(IPDisc4J).bat
_Image-Pro Express v40日本語・英語版用(IPEXP4).bat
_Image-Pro Express v45英語版用(IPEXP4).bat
_Image-Pro Express v45日本語版用(IPEXP4J).bat
_Image-Pro Plus v30日本語・英語版用(IPWIN3).bat
_Image-Pro Plus v40英語版用(IPWIN4).bat
_Image-Pro Plus v40日本語版用(IPWIN4J).bat
_Image-Pro Plus v41英語版用(IPWIN4).bat
_Image-Pro Plus v45英語版用(IPWIN4).bat
_Image-Pro Plus v45日本語版用(IPWIN45J).bat
_Image-Pro Plus v50英語版用(IPWIN5).bat
_Image-Pro Plus v50日本語版用(IPWIN5J).bat
_Image-Pro Plus v51英語版用(IPWIN51).bat

4. 「圧縮(zip形式)フォルダの警告」という画 面が表示されます。必ず「すべて展開」をクリックして下さい。
  注記:このとき、「実行」ボタンをクリックすると、 正しくインストールされません。必ず「すべて展開」をクリックして下さい。
5.

「展開ウィザード」が開いたら、「次へ」ボタンをクリックします。

6. 「展開先の選択」画面で、「次へ」をクリックし ます。これで展開が開始されます。
7. 「展開の完了」画面で、「展開されたファイルを 表示する」オプションを選択してから、「完了」ボタンをクリックします。
8. 上の3.で表示されたのと同じファイルが再び表示されます。3.でダブルクリックしたのと同じBATファイルを、もう一度ダブルクリックして下さい。これでインストールが開始されます。しばらくの間、 "Please Wait"と表示され、十数秒後に"The operation was completed successfully."と表示されればインストール完了です。
9.

ここでパソコンを一旦終了し、プロテクトキーを取り付けてから再び起動して下さい。
パソコンの起動後、数秒から数十秒後にプロテクトキーが認識され、タスクバーに「新しいハードウェアが見つかりました」と表示されて、プロテクトキーのドライバが起動します (USB プロテクトキーの場合は、キー内部のランプが点灯します)。

これで全て完了です。弊社ソフト製品を起動してご使用下さい。

注記:インストール中に エラーが表示されたり、上記の操作の後でもプロテクトキーが認識されない場合は、次の「任意設定のアプリケーションフォルダにインストールする方法」をお試し下さい。

任意設定のアプリケーションフォルダにインストールする方法

弊社のソフト製品を上の表に示したアプリケーションフォルダ以外の場所にインストールされているときや、上記のインストール手順では正しくインストールできない場合、以下の手順をお試し下さい。

  1. 圧縮ファイル"Protect_Key_Driver_Update_20050128.ZIP"をダブルクリック して、解凍して下さい。

    注記:Windows XPでは、ZIPファイルをダブルクリックするだけで解凍できます。

  2. 解凍したファイルの中にある、"BIN"というフォルダを開いて下さい。中に、次の3つのファイルがあります。
  3. Haspds_windows.dll
    Hinstall.exe
    SETUP.bat

  4. この3つのファイルを、お使いのソフトのインストール場所(アプリケーションフォルダ)にある、"HASP"というフォルダに上書きコピーして下さい。

    【例】 例えば、Image-Pro Plus ver. 4.5日本語版を、"C:\Program Files"の中の"IPWIN45J"というフォルダにインストールされている場合は、"C:\Program Files\IPWIN45J\HASP"フォルダを開き、その中に上の3つのファイルを上書きコピーします(既存の同名のファイルがある場合は、置き換 えます)。

    アプリケーションフォルダ内に"HASP"というフォルダがない場合は、アプリケーションフォルダ内(上の例では "C:\Program Files\IPWIN45J)にそのままコピーして下さい。

  5. フォルダ内へコピーした"SETUP.bat"ファイルをダブルクリックして下さい。
  6. これでインストールが開始されます。

    しばらくの間、"Please Wait"と表示され、十数秒後に"The operation was completed successfully."と表示されればインストール完了です。

  7. パソコンを再起動して下さい。

    これで全て完了です。以降、パソコンにプロテクトキーを装着すると、プロテクトキーが正しく認識されるようになります。

注記:上記の手順の実行後に、 USBタイプのプロテクトキーが認識されないときは、引き続き以下のように操作して下さい。
  1. USBプロテクトキーをパソコンに取り付けます。
  2. Windowsの「スタート」→「設定」→「コントロールパネル」→「システム」→「ハードウェア」から「デバイス マネージャ」を起動します。
  3. 「USB (Universal Serial Bus)コントローラ」の下の「Aladdin USB Key」をダブルクリックして、プロパティ画面を開きます。
  4. 「ドライバ」タブの「ドライバの更新」ボタンをクリックしてハードウェアの更新ウィザードを起動します。
  5. 「ソフトウェアを自動的にインストールする」を選択し、「次へ」をクリックしてドライバを更新させて下さい (Windows 2000では、「デバイスに最適なドライバを検索する」を選択し、「検索する場所のオプション」を全て非選択にしてから、「次へ」をクリックして更新させます)。
    更新後、プロテクトキーが認識されるはずです。

以上の手順で問題が解決しない場合は、弊社サポート部までご連絡下さい。

(株) 日本ローパー メディアサイバネティクス事業部 サポート

Tel. 03-5639-2751
Fax. 03-5639-2774
電子メール: